記事の詳細

SK通信は2000年に創業された比較的に新しい会社です。2000年というと、インターネットが一般の人々にも普及してきた年であり、需要も高くなっていった時期になります。
そういった時期に創設された会社だけあって、インターネットを媒介とした宣伝手法をSK通信は得意としています。
それまでの宣伝手法というのは紙媒体やテレビ、ラジオなどが中心であり、マスメディアを使わないといけないので中々小さな店は宣伝をすることが難しくなっていました。
そして消費者も能動的に情報を集めて比較をして、自分で意思決定をすることが難しかったのです。お店の評価は口コミに頼らざるをえず、色々なお店の情報を集めるのには膨大な手間と労力が必要でした。
しかしインターネットの情報で、個人単位でも全世界に対しての情報の発信が可能になったのです。

同社でもそういったトレンドをいち早く敏感に察知して、ウェブ上でのプロモーション活動やマーケティング活動を研究し続けています。
インターネット上のマーケティングを主に行っている会社はみな歴史が新しいので、2000年創立の会社は中々の古参に分類されます。
15年以上にも及ぶインターネット上のプロモーションのノウハウを所持していることが一番の同社の強みと言えるでしょう。
ユーザーがどういった方法で情報を探すのか、ユーザーにとって見やすいホームページとは一体どのようなものなのかのノウハウを有しているとともに、最新の宣伝手法に関しても専門的に研究を重ねています。
またコンサルティング的な事業も行っており、同社で独自に開発したオールインワンパッケージを提供しています。
このオールインワンのツールは使用している店からも高い評価を得ています。

SK通信が高い評価を顧客から得ている理由について記しましたが、ではその社名に込められた願いというのは一体どのようなものでしょうか。
SK通信のSは英語の「Sales」から来ています。Salesとはそのものずばり販売の意味です。
インターネット上のトレンドというのはまさに生き馬の目を抜く業界であり、昨年までメインで使われていた宣伝手法が一年にして陳腐化してしまいトレンドから取り残されてしまうことも頻繁にあります。
そうならないためには常に先端をいく心意気を持ってマーケティングを行い、「販売」に対する意識を強く持っていることが必要です。
同社ではインターネット上の販売に関する研究や技術でトップをいくということを目標としており、そのため社名の頭文字に「Sales」と入れています。
ではもう一つ「K」の意味はどうなっているのでしょうか。このKは社長の名前である「勝治」の頭文字から取られています。
自分の名前を社名に入れることにより、会社を大きな家族として捉えて、社員をその家族とみなして守っていく、成長させていく、などの大きな目標を掲げています。
実際に同社では色々なところから入ってきた社員が活躍をしています。出身や学歴、性別にとらわれること無く、顧客の役に立ちたい、大きな目標を達成したいという志を持つメンバーが活躍をしています。
色々な事業部がありますが、各人の適性を見て一番活躍できる事業部に配属され、その力をおおいに発揮できる環境が用意されてます。
入社をする社員の職歴も様々で、中途で入社する人間も多いですが、チームワークよく働けるような試みも取られており、社内外からその働きやすさも評価を受けています。

SK通信の具体的な事業ですが、おもにモバイルソリューション事業、そしてWEBマーケティング事業とO2O事業が柱となっています。
モバイルソリューション事業では、モバイルツールを活用して消費者へ情報をいち早く提供できます。
そして実店舗を持つ業者がセールスをしやすい環境を提供しています。
直接に顧客へアプローチができるツールも用意しており、またアクセスから様々な顧客の動向分析も可能なサービスです。

WEBマーケティング事業では、まずWeb上でどのような宣伝をしてよいかわからないような顧客に対応しています。その業者の強みを発掘し、顧客へ訴求する力のあるホームページをビジュアル面も含めて制作します。
そしてホームページがきちんと運用できるようなティーチングも実施。制作した後にも丁寧なサポートを実施しているので、作って終わりというサービスではなく、きちんと宣伝が継続できるようにしています。
SK通信では一度関わったお客様にもサポートを怠らない点も評価を受けています。

O2O事業では顧客が有しているホームページを有効活用できるようなツールを提供しています。
検索エンジンに高く評価され、常に上位表示ができるようなホームページにするためのツールとなっています。
SNSへのへ自動的に情報を投稿して拡散し、多くの潜在層を掘り起こせる機能やエリア情報を自動で追加して、キーワードの最大化を図る機能も付いているツールです。
またこのツールはスマホなど場所を選ばず利用できるのも、高い支持を得ている理由の一つです。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る