記事の詳細

エス&ケイ(株)は集団訴訟対策に万全を期しています。昨今、テレビやインターネットなどで同じ相手から詐欺にあった人々が相手を訴えたり、医療ミスの被害にあった人々、企業から購入した商品に欠陥が見つかった顧客や消費者達が、企業を相手取り裁判を起こすというニュースを目にすることが多くなったのではないかと思います。また、自分が働いている会社からパワハラなどを受けたりして、自社で働く社員が集団訴訟を起こすというケースもあり、様々な理由や事由で集団訴訟が起こっています。そんな時流だからか、集団訴訟を起こそうとする人々とそれを援助する弁護士を繋ぐネットワークも設立されるようになりました。企業にとって集団で訴訟を起こされるということは、その企業のブランドに大きな傷が付くことになり、利益や信頼に大きな損失が出てくる場合があります。

そんな中、エス&ケイ(株)は集団訴訟対策に細心の注意を払っています。集団訴訟に繋がりかねないものになりうる事案としては顧客情報の流出というものがあります。企業にとって顧客情報はマーケティングや今後の製品開発や向上など、企業の利益の為にも非常に重要な情報となります。それが外部に漏れてしまうと顧客からの信頼を失うだけでなく、集団訴訟が起きる要因の一つになります。流出してしまう理由に、企業内部の人間による行為であったり、誤っての廃棄や紛失によるもの、または外部による不正アクセスによるものなど人為的な罪やミスによるものが大きいと言われています。

エス&ケイ(株)は顧客情報のデータにアクセスできるものを権限のある限られた少数のみしかできないことにしています。流出の原因が人為的なものが多いことから社員へのセキュリティに関しての教育を徹底しております。また、社員によるデータの持ち出しや持ち込みを監視するだけでなく、取引先や委託先にも同様の監視体制を導入しています。不正アクセス、マルウェアに対してもセキュリティソフトの導入や、不正にアクセスができないよう監視できる体制を構築しています。また、市場に出すまでに徹底した商品開発と精査を行い、消費者のもとへ届けることが集団訴訟対策に繋がると考えています。もし商品に対しクレームが付いた場合は誠心誠意の対応を心掛け、早急に処置をすることにより訴訟に発展するのを防ぐことが出来ます。顧客情報流出対策の件でも同様に、お客様や消費者に対する接し方も迅速、また的確に対応できるよう社員に対する教育が非常に大切であると考えています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る