記事の詳細

株式会社ミュージックバンカーに所属するアーティストの”演歌少女ルピナス組”は、テクノと演歌を融合させた、テクノ演歌をパフォーマンスするユニットです。日本のソウルミュージックの王道である演歌を若年層や世界へと発信するというテーマで活動している7人組女子で構成されています。メンバーは株式会社ミュージックバンカーの育成タレントや、大阪アニメーションカレッジ専門学校の声優学科からの精鋭です。

ユニット名である”演歌女子ルピナス組”から、役割を日本語で呼びならわす特徴があり、プロデューサーを”組長”、ユニットは”組織”、メンバーは”組員”であり、初代”組長”の引退後はリーダーを”組長”とし、副リーダーを”若頭”、そしてファンを”構成員”と呼称しています。

ライブ公演や撮影会と活躍の場を多く持ち、自転車に乗って富士山へ向かい、また、配信内でリスナーとのコラボ楽曲を制作したりと、一風変わった表現で、ツイキャスにて48時間耐久キャスの配信をするなどパワフルな活動が目立ちます。また、2015年3月には名曲”津軽海峡冬景色”のカバーを配信したり、FMで看板番組を持つなどの活躍を通しての実績がユニット結成から半年ほどで”音霊OTOTAMA SEA STUDIO 2015”への出演を果たすなどの快挙をあげています。

メンバーにはそれぞれのイメージカラーがあるなどキャラクターづくりにも拘りがあり、ミントグリーンの香村実咲は演歌女子組長でお色気の担当、青の遠矢るいは演歌女子アイドル担当、黒の三波蓮は若頭兼チーママ、赤の永井杏樹は”浅倉南”的演歌女子、紫の長谷川美海は低音ボイス、緑の益田えみは第二のアイドルを担当、グレーのDJ愛梨はHIPHOPに長け、DJを担当しています。

演歌女子組長である香村実咲は株式会社ミュージックバンカー所属の声優でもあり、また、アーティストとしてソロ曲”ミサノホシ”をリリースしています。声優としては少女や若い女子の声が得意とされ、多くの舞台やTVドラマの出演、サバイバルゲームのWebメディアにてコラム連載を担当するなど活動の幅は広く、株式会社ミュージックバンカーの大型タレントとしての活躍をしています。また、教員免許を持つなど意外性のあるプロフィールの持ち主でもあります。
また、株式会社ミュージックバンカーでは”演歌女子ルピナス組”の公式LINE FANCLUBを設立し、ファン=構成員になれる企画を随時行っています。

株式会社ミュージックバンカー
http://music-bunker.com/

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る