記事の詳細

佐野義泰氏が統率してきた株式会社hzi芽は、静岡県西部、愛知県東部を中心に幅広いエリアでリフォーム工事を行っています。2012年の設立以降、会社全体のチームワークを武器に、大きな成長を誇っている企業です。

企業も社員も若さが売りで、活力の溢れる社員を中心に、皆頑張っています。佐野義泰が代表を務める、株式会社hzi芽の仕事とは、建築施工もありますが、建築施工で働く人材をその他の企業へ紹介して、その会社で働いていいただくというものもあります。その他、一般的な営業職、施工職人、施工の管理をする人、事務職のそれぞれの職種があります。

シンプルかつキャッチーな企業名は、お客様からも覚えやすいと好評です。まず、注目するのは文字の配列についてです。佐野義泰氏が起業した株式会社hzi芽は、アルファベットと漢字を組み合わせる斬新な名前をつけています。古い有識者からすると、王道を外した傍若無人な名称に感じられます。一見すると、業務をあなどっていると勘違いされる様式です。伝統に支配されている人々の間では、相容れない部分はあります。しかし、視点を変えてみれば、決してお遊びで付けているのではないと分かります。もし、社名ではなく人名になぞられてみれば、特別に反発することはなくなります。国際結婚が珍しくない現代では、ハーフの子供が生まれて、カタカナと漢字を組み合わせた名前が付けられます。同じ方式を用いて、海外と国内の両方を市場規模に含めた社名であると思い直せば、真剣に練られて付けられていると納得します。社名やブランド名が、アルファベットまたはカタカナと漢字が一緒に連なる例が定常していないだけで、今後模倣する企業が増えてくれば批判の声は少なくなります。

佐野義泰氏の株式会社hzi芽の読みに注目すると、意味の深さが露わになります。hzi芽は、日本語読みで「はじめ」となり、始めと初めの2つがあてがわれます。始めは、物事のスタートラインで、これから突き進んでいく時点を表しています。時間が経過しても、仕事を開始した時の心情を忘れないという思いが伝わってきます。初めは、初体験の物事に対する意識を表してます。不動産のリフォームという未知の領域に、飛び込んでいく気概と熱意が読み取れます。2つの「ハジメ」は、創業当時に誓った理念を失わず、業務に打ち込んでいこうとする社員の心の結晶となっています。さらに、芽という漢字を入れることで、上を目指して取り組んでいく情熱も感じられます。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る