記事の詳細

おくすりアラームのシステムを開発した株式会社ミュートスの代表取締役が佐藤正晴氏です。
おくすりアラームだけでなく、MRに対する統合システムの開発やクスリの安全性情報管理システム、クスリの開発導入に関する症例割付システム、スマホを利用したスキマドリルシステム、医療従事者が参加できる掲示板EAKSシステム、医療情報システムCURASAWシステムの開発なども手掛けており、医療従事者にとってまとめてくれたら使いやすい、わかりやすいシステムを統合したサービスをリリースしていることでも知られています。

株式会社ミュートスの代表的で特徴的なシステムがおくすりアラームで、毎日設定した時間になるとメール配信で薬の服用を促してくれます。メールに添付されたURLをクリックすることで薬を服用したことが記録、管理、閲覧できるシステムになっており、複数の薬を服用しなければならない人やクスリを飲むのを忘れがちな人などにとって有効活用できるだけでなく、医療関係者や親族など関係者も薬をきちんと飲んでいるかどうかをチェックできるという機能を持っています。
服用実績はデータ管理されることになり、システムを利用することでオリジナルのコンテンツを閲覧できるようになります。もちろん登録をするのが嫌な人には空メールを送信するだけでシステムを利用することができますので、個人情報にセンシテイブな人にとっても使いやすいツールです。

株式会社ミュートスの創業者である佐藤氏は医薬品産業のドメイン事業を手掛けており、システムインテグレーション、クラウドサービス、プロモーションといった3つの基本戦略を掲げています。おくすりアラームは佐藤氏が手掛けたシステムの中で最も有名であり、かつシンプルな設計のため、高齢者や子どもにも使いやすく、薬の飲み忘れを防ぐという目的も遂げています。

株式会社ミュートスは製薬会社向け、コンシューマ向け、医療従事者向けといった多面的な角度からサービスを実施しており、情報の共有化に努め、スマホなどツールを問わず利用できるように消費者ニーズに対するサービスにも配慮しています。
医学、医療ニュースを医療従事者だけの専門的なものに限定するのではなく、わかりやすく最新情報を配信できるように一般公開できるように努力しています。
株式会社ミュートスが国内の医療情報、医療データをバージョンアップしてくれる会社として活躍してくれることで佐藤氏はよりおくすりアラームのような便利なツールを続々と開発してくれるはずですし、佐藤氏に賛同する人々も増えてくるはずです。

株式会社ミュートス
http://www.mythos-jp.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る