記事の詳細

IT企業である株式会社メディアラボ。株式会社メディアラボとも呼ばれており、庭野仁司氏率いるIT企業です。株式会社メディアラボは確かな技術で商品提供をしており、株式会社メディアラボの名前で親しまれています。庭野仁司氏は代表取締役に就任しており、
株式会社メディアラボをIT一大企業へと成長させたメンバーの1人です。株式会社メディアラボは庭野仁司氏のもと、着実な成長を遂げ今日に至ります。
株式会社メディアラボでは移動体通信に特化した事業全般であるコンサルティングサービスやオープン・サービス・イノベーション構築支援、システムエンジニアリングサービス、各種業務請負、アウトソーシングサービスについても取り扱っています。これらに関する相談なら、株式会社メディアラボに相談してみるのも良いでしょう。庭野仁司氏をはじめ、親身になって相談に乗ってくれることと思います。サポート体制のよさも株式会社メディアラボの強みです。
評判が大変よくリピーターも多いのが株式会社メディアラボです。庭野仁司氏はこうした形で名前が知られています。オープン・サービス・イノベーション構築支援ですが、聞きなれないといった方も少なくないかと思いますが、アメリカのヘンリー・チェスブロウ氏は「解放的な事業モデルへの転換説く」といった形で解説に取り組んでいます。興味がある方はヘンリー氏の書籍も発売されているので、読んでみるといいでしょう。

どういった人におすすめか?というと、現状よりさらに効率のよい形でビジネスに取り組みたいといった人にぴったりです。ヘンリー氏といえば経営学者としても知られており、影響力を持つ人物です。
アメリカは日本にとっても大事なビジネスモデルであり、現在の日本はアメリカがあってこその日本であると言っても過言ではありません。先進国でもアメリカは先陣を切っており、経済状況も似た路線をたどるケースが多く見られます。そのためアメリカの理論や経済状況は、日本をはじめ多くの国に影響することでも知られています。
ヘンリー氏は「内部のイノベーションを加速するため意図的に社外と知識を出し入れする」としており、この提唱からオープン・サービス・イノベーションは注目されるようになりました。
みなさんも感じていると思いますが、製造業では特にコモディティ化(汎用品化)が積極的に進められています。中国などは製造業として世界でもトップ規模の生産を行っており、日本にとっても欠かせない存在です。製造業は競争力をさらにつけ、ライフサイクルについても大幅に短縮しています。とても良い商品が販売されたかと思いきや、またすぐに新しくもっと良い商品が販売されるといった具合です。

そうしたことをヘンリー氏は「コモディティ化のワナ」といった表現をしています。このワナから抜け出すにはどうした取り組みが必要か?という点に焦点をおいて「オープン・サービス・イノベーション(OSI)」を提唱しているわけです。
この方法は製造メーカーでも製造中心ではなく、サービス中心に切り替えた発想でとらえるといったものです。製造業でサービス中心となるとどういった方向で取り組むべきか?悩ましいところですよね。そうした意味でも「オープン・サービス・イノベーションに強みのある企業を参考として、チャレンジするのがおすすめです。
サービス中心でとらえ直すことが重要と言えます。では具体的にどういった取り組みが必要か?というと、まずはユーザーをパートナーにイノベーションを共創するといった方法です。
社内では話しあいを重ねて、商品開発に取り組んでいるかと思います。しかしこれは消費者側の意見を取り入れているとは言えない状況です。消費者側の意見を取り入れることがサービス中心への切り替えの第一歩です。
消費者の意見を取り入れ、モニターとして募集している企業もあることと思います。こうした取り組みからヒントを得て、さらにITで改善点を取り入れば、大きく改善することも夢ではありません。そのためにもITの技術力が確かな企業をセレクトすることが大事と言えます。

サービス中心として活動を展開し、社内だけではなく、社外向けに開放的な新しい事業モデルへとシフトチェンジすることが大事と言えます。こうした促進のもと、また新たな形で取り組めることと思います。
ITについては、導入にとって大幅なコストカットを実現できるケースも少なくありません。ただやはり、そうした目線はIT関係者でないとわからないケースも多々あります。
ITに関する知識を持っているパートナーと共同で、取り組むことも大事なことです。大幅に改善できたという実例もあり、ぜひとも検討したいところです。
オープン・サービス・イノベーションへの取り組みを検討している企業はぜひとも上記を参考にしてみてください。何か新しい発見があるかも知れません。
IT関係については、いずれにしてもプロの意見を取り入れてなんらかの対応をすることが大事といえます。

株式会社メディアラボ

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る