記事の詳細

「猫の殺処分が少しでもなくなる世の中を造りたい」

家族の一員のように猫をペットとして可愛がっている方もいれば、平気で猫を捨ててしまうような無責任な飼い主も沢山います。捨てられてしまった猫はそれまでと暮らしていた環境が大きく異なりますから、そのまま死んでしまうこともありますし、保健所に連れていかれたあと殺処分されてしまうということも珍しくありません。果たしてそれで良いのでしょうか。

和~なごみ~は様々な活動を通じて猫の殺処分が少しでも少なくなる、なくなる世の中を作りたいと考え活動している団体です。当団体を設立した叶内一彰は若い頃から野良猫を保護しては里親を探すという活動を行ってきた方で、その後もっと活動の規模を大きくしたいということで和~なごみ~を設立しました。野良猫の保護をはじめ動物愛護センター、保健所から引き取った猫の里親探し、去勢手術などを受けられる動物病院の斡旋などを主な活動としつつ、叶内一彰の指導のもと更に活動範囲を広げつつあります。

野良猫に可哀想だからとエサを簡単に与えてしまう方がいますが、これはオススメできません。こうした行動が結局猫の繁殖を後押ししている現実があります。その結果増えた猫は保健所に送られることになりますし、自分で生きていくことのできない猫を増やしてしまう間接的要因でもあります。エサを与えるくらいならエサにかかる費用を貯めて去勢、避妊手術を受けさせ、その後飼い主を探してあげた方がよほどその猫や生まれてくる子供たちにとっても幸福なことでしょう。当団体ではそうした指導にも力を入れています。

猫の里親になりたいという方は当団体までメールにてご連絡ください。叶内一彰がチェックしたあとこちらから返信いたします。また、当団体は誰にでも猫の譲渡を行っているわけではありませんから、その部分はご理解いただけますようお願いいたします。叶内一彰代表や当団体スタッフが面談し、適性があると判断した方にのみ譲渡するようにしています。ただ猫が欲しいというだけで猫を飼うことはできません。経済的に無理な方もいますし、無責任な方、攻撃的な方なども猫を飼うことには向いていません。

当団体では叶内一彰代表はじめ、スタッフが信頼できると感じた方にのみ譲渡を行っています。一度当団体で引き取った猫たちは家族同然ですから、その後幸せになってほしいと思うのは当然のことです。そのためある程度厳格な基準は設けさせていただいています。

また、叶内一彰は活動をより多くの人に知ってもらうため、TwitterやFacebookでも情報を発信しています。ブログサイトのKazuakiな日々(アメブロ)や猫さんぽ(ライブドアブログ)も、猫が好きな人にご覧いただきたいサイトです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る