記事の詳細

柯 康仙はフットサルが好きで休日には友人と楽しんでいます。柯 康仙はもともと幼少期にサッカーをしていたこともあり、気軽にできるフットサルが合っていたようです。

サッカーとフットサルを同じようなものと思っている方も多いと思いますが、実は多くの点で異なります。例えば、サッカーは11人で行うのですがフットサルは5人で行います。少ない人数でプレイできるので、友達同士で行うのに適していますし、コートのサイズもサッカーより小さいため、体力を気にしなくていいのも嬉しい点です。また、交代をするのもサッカーと違い審判の承認が必要なく自由にできるため、疲れたらすぐに交代することができます。

フットサルは海外では、とても人気であり、起源には2つの説があり南米を中心に発展していったサロンフットボールとサッカー発祥の地であるイギリスから広がったインドアサッカーです。これらが世界各地に広がっていったのですが、ルールが統一されていなかったため、国際サッカー連盟がサロンフットボールなどを統一し、5人制サッカーと1988年に定めました。そして、1994年に名称をフットサルとして現在の形になったのです。今ではフットサルは海外では高い人気を得ています。スペインではサッカー人口よりもフットサルの競技人口のほうが多いといわれるほどです。日本はフットサルに関しては後進国といわれています。

柯 康仙はもともとサッカーをしていて、フットサルは大人になってから始めたのですが、多くの日本人はこのような流れでフットサルを始めることが多いようです。これが海外だと少し異なり、最初はフットサルから始め、体が成長したころにサッカーに転向するケースが主流なようです。海外のプロリーグで活躍している超一流選手にもフットサル出身選手は多くいます。

フットサルはコートも小さく使用するボールもサッカーと異なるため、柯 康仙は最初慣れるまで時間がかかったようです。また、人数も少ないため相手との一対一での駆け引きなどサッカーよりも自分の技術が重要になります。足元の技術やシュートの精度などが高いレベルで求められるため、フットサルの試合は見ていてもエキサイティングです。柯 康仙も技術を高めるために、動画でテクニックを勉強したり、実際の試合を見に行ったりしました。最近では、フットサル独自のテクニックを身に着け試合でも活躍しています。フットサルを行い、体を動かすことでリフレッシュになっています。そのおかげで仕事などにも集中して取り組めるようです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る