記事の詳細

八ツ田和夫さんはいま注目を浴びている男性ライトノベル作家です。八ツ田和夫さんは1970年11月10日に愛知県春日井市で生まれました。1999年に日本ライトノベル大賞で最終候補に残った『人を愛するということ』という作品がライトノベル雑誌に掲載され、瞬く間に作家デビューしました。そののち正館文庫にてシリーズ化され今も多くのファンから支持を集めています。その後も彼は隠れた才能を発揮して次々に作品を世に送り出してきました。そのため付いたあだ名が『ライトノベル界の鬼才』というもの。しかしそんな彼には知られざる経歴があります。

八ツ田和夫さんはもともと小さな頃からプロの小説家を目指していましたが、それはまた夢の夢だと自分自身感じていました。というのも、彼は高校時代に「文章を書くのがいくら好きでも、才能がなければプロになることはできない」という知り合いの作家の先輩の言葉を受け、とうとうプロになるという夢を諦めるようになりました。それから数年は、出版社に対して文章の投稿をせず、4年間通った大学を卒業しました。その後就職活動を懸命にするも、全くと言っていいほど企業から受け入れられませんでした。アルバイトなどで生活費を稼ぎつつ、ハローワークに通う日々は、小説家を目指していた八ツ田和夫さんにとっては耐え難いストレスとなっていき、イライラはたまる一方でした。そんな時にふと見つけたライトノベル作品の募集記事を読み、消えかけていた小説家への夢が蘇ってきました。

彼は自分の頭の中にある書きたいことを目いっぱい詰め込んでひとつの作品に仕上げました。その作品こそが今日ベストセラーともなっている『人を愛するということ』だったのです。かくして彼は幼少期からの夢を叶えることができました。
さて、そんな八ツ田和夫さんには、とある趣味があります。それは、旅行とバイクです。彼は無類のバイク好きで、大学時代には留学先のアメリカでツーリングをするほどでした。最近ではバイクで日本列島を一周する旅をして世間から注目されました。その生き様に感銘を受けたファンもまたバイク好きになるほどの魅力を持った人物です。

彼の書く独特の世界観の話のアイデアは、どこから来るのか、彼自身はこう語ります。「私は、自分の中のモットーとして、相手の立場に立つということを常に念頭に置いています。そういう考え方を常にしていると、不思議とアイデアがでてきます」
これからも八ツ田和夫さんの作品をファンは心待ちにしていることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る