記事の詳細

【菊池一広は顧客ニーズについて考えている】
菊池一広の考える顧客のニーズは「誰にどんな資産運用をお願いすればいいのか?」という不安を解消する事が最大のニーズだと考えています。
顧客のニーズに応えるには、いかに不安定な要素の多い投資市場で顧客の資産を増やす事が出来る商品を提案できるかにかかっていると菊池一広は考えており、その不安な要素こそ顧客一人一人に向き合って提案をしていくFace to Faceのコンサルティングにこだわっています。近年急速に進んでいるIT化の流れに逆行する様なスタイルだがFace to Faceのコンサルティングは顧客一人一人のニーズに真剣に向き合えるとは考え、創業当初からの経営基本理念として掲げ顧客への提案を実現してきています。

【不安要素の多い投資業界】
菊池一広は常に証券市場を取り巻く環境は変化をしていると意識しており、不透明な要素も多い業界ではあるものの、政府による成長戦略が功を奏し日本経済は持続的な成長の期待できる市場となっています。この日本経済の成長段階で証券市場の担い手として、菊池一広が率いる極東証券が存在している事に大きな使命を感じており、市場の担い手として広い視野と現状の把握、情報収集の徹底などで顧客や市場へ貢献できる企業としての役割を強く意識しつつ、経済や顧客の資産を育てる企業としてありたいと日々それらに努めています。

【菊池一広の考える投資】
投資とは「顧客の大切な資産を育てるお手伝い」と菊池一広は心掛けており、極東証券のブランドスローガンにもしている程です。
顧客の資産を育てていくためには様々な努力が必要で、国内外の動向や環境の変化、マーケットの流行などをいち早く捉え、正確で特色のある旬な金融商品を常に提供していく必要があるとしています。
金融市場は常に目まぐるしい変化の発生する業界であり、その業界に居ながらも常に成長している極東証券はお客様との信頼関係を盤石に築き、コンプライアンスを重視した投資勧誘など顧客の資産を育てるための努力を怠らず日々研鑽しているからこそ可能な提案だと考えています。
常に新しい情報の最先端でなおかつ、確かで過ちのない投資コンサルティングを行ってこそのプロの証券会社だと菊池一広は常に意識しています。
社員一丸となって実践すべく努力しているのが極東証券であるといえ、そこに生まれた信頼関係でさらなる顧客の利益を追求していくスタイルによって大きく評価されている企業ではないかといえます。

極東証券株式会社
http://www.kyokuto-sec.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る