ブログ

  • 小林朋継さんの読書の仕方

    小説の面白いところは読んでいると作者の性格が現れてくるところである。その小説の登場人物が作者に似ていたり、情景描写などからも作者の気持ちを読み取ることができる。情景描写は作者が訪れたことのある町並みである場合が多い。行ったことがないと細やかな情景を書けないからだ。そのため小説好き…

  • 司法書士日野啓吾の半生

    司法書士日野啓吾は、もともとはIT関連の企業に務めていました。なぜ全く異なる業界に転身したのか、彼の生い立ちを含め追っていきます。彼は、1980年(昭和55年)に千葉県野田市で生まれました。警察官である父親と銀行員である母親に育てられました。警察の仕事に就いている父親は毎日忙しく…

  • 萩広史にとってビンテージワインとは

    萩広史にとってヴィンテージワインとは、どのような存在なのでしょうか?これは、コレクター仲間によく聞かれる質問です。一言で言うと、「かけがえのない大事な女性のような存在」というのが一番近いかもしれません。大事な女性に対するように優しくデリケートに扱うべきもので、長い時間をかけて待ち…

  • 大坪義明は鉄道員です

    大坪義明は、首都圏にある鉄道会社の正社員の駅員として勤務しています。まだ入社1年目の新人ですが、仕事を熱心に覚えるため先輩たちからの評判も良く、また面倒見が良いことから同期からも大変慕われています。大坪義明は地味な顔立ちをしていますが、長身でスッキリとした体形のため、駅員の制服が…

  • メディアで重宝されている大渕愛子

    テレビや雑誌といったメディアの世界は多種多様なニーズがありますので、タレントさんだけではなく、様々な職業の人たちが出演するものです。弁護士も一定のニーズがあります。法的見地からの意見が必要になった時、最も説得力のある存在はやはり弁護士です。弁護士ではない人たちが法律の事をあれこれ…

  • 大濱民郎は時代の象徴かもしれない

    かつて流行はテレビなどのメディアが生み出すものでした。それは今でも変わらない部分ではありますが、テレビ・雑誌のメディアだけではなく、インターネットからでも流行は容易に生まれるようになりました。むしろ「ネットネイディブ」と呼ばれているインターネットが当たり前の世代にとっては、テレビ…

  • 便利な日常生活

    日常生活では新聞に折り込まれている広告チラシを見ると特売品の特別な安さに目が行きます。その他にも割引やクーポン券があると節約できます。消費税が5%から8%に上がっただけでなく、いろんなものが値上がりしてきましたから、そのような価格を下げてくれるものに多くの人は魅力を感じています。…

  • 日本史界のゴッホ、北澤篤史

    北澤篤史は大学入学時から異彩を放っていました。外見に執着しない風体も去ることながら、固執する物事についてはとことん調べないと気が済まないという性格は、大学2年生時に人文学部の日本史研究室に配属されてから拍車がかかるようになりました。この北澤篤史の性格には担当教官であった樺井教授で…

  • 片山哲也の好奇心の範囲の変わり方。

    片山哲也は1990年代に日本で生まれました。彼は幼い頃からとても好奇心旺盛で小学校に入学すると同時にピアノ、そろばん、水泳、とたくさんの習い事を行ってきました。その中でも彼は特にピアノが好きで、ピアノの習い事がない日でも自ら進んで家に置いてあるとても美しく大きい白いグランドピアノ…

  • ライトノベル作家八ツ田和夫の経歴

    八ツ田和夫さんはいま注目を浴びている男性ライトノベル作家です。八ツ田和夫さんは1970年11月10日に愛知県春日井市で生まれました。1999年に日本ライトノベル大賞で最終候補に残った『人を愛するということ』という作品がライトノベル雑誌に掲載され、瞬く間に作家デビューしました。その…

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る